高校3年生で免許を取得する

高校三年生は18歳になる年齢で自動車の免許を取得することができます。学校の方針によっては禁止にしている所もありますが、多くの学校はその後の進路も考慮され教習所に通う許可が出ます。では高校在学中に教習所に通うメリット・デメリットをご紹介します。

高校3年生で免許を取得するメリット

18歳以上であれば普通免許の取得は可能なので、高校3年生で免許を取ることも当然できます。では、高校生の時点で免許を取得するメリットにはどういったものが挙げられるでしょうか。まず、長期の休みがあり、…

もっと詳しく

高校3年生で免許を取得するデメリット

高校3年生で18歳になると、免許を取得する事が可能な年齢になります。推薦入試で進学先が早く決まったり、高校を卒業して就職する場合は、高校3年生の受験シーズンには、自由登校になり時間に余裕が出来ます…

もっと詳しく

手早くゲット!!合宿免許

通常、自動車運転免許の場合、数か月から約1年かけて教習所に通い習得します。しかし、合宿免許では施設などに滞在し集中的に講義を受講することにより、早い人で数週間で免許を取得できるシステムのことです、

高校卒業後に免許を取得する

高校卒業後に免許を取得するメリット

最近、若者の車離れが進んでいるといわれています。確かに、都心部では車を持たなくても移動に困りません。そのため、車の免許を取得する必要性を感じないのかもしれませんね。しかし、車の免許は運転する以外に…

もっと詳しく

高校卒業後に免許を取得するデメリット

高校卒業後に普通免許を取得する場合、どのようなデメリットが考えられるでしょうか。まずはなんといっても、長期の休みを確保することが難しいという点でしょう。会社員として働きながら免許を取得することも可…

もっと詳しく

高校卒業後に教習所に通いやすい時期

自動車免許は18歳から取得することが出来るため、高校を卒業する時期に取得する人が多くいますが、どのタイミングで教習所へ通ったらいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。よくあるのは、正式に卒業する前の…

もっと詳しく

高校に教習所へ通う許可をもらう時の注意点

単に「車を運転したいから」では許可してもらえない

法律上、18歳になれば普通免許を取得することは可能ですが、在学中の免許取得を認めていない高校は多いと思います。高校が学生の免許取得を認めない最大の理由は、安全上の問題で、生徒が交通事故に遭わない、起こさせないためです。それ以外にも教習所通いや、免許取得後に車に夢中になることで、勉強がおろそかになることを不安視する学校もあります。そのため、教習所通いを許可制としている学校が多いのです。このような事情から、生徒が単に「車を運転したいから」というだけでは、殆どの学校は許可をおろしません。学校から教習所通いの許可をもらい、めでたく免許を取得するためには、運転免許が必要なそれ相応の理由が必要となるのです。

家の手伝いや、卒業後の進路に関係する場合は許可がおりやすい

では、どんな理由であれば、学校は教習所通いを認めてくれるのでしょうか?多くの高校では、卒業後すぐに車を運転が必要になると判断される場合、在学中の教習所通いを認めてくれます。具体的には、家が自営業を営んでいて、配達などの仕事を手伝う必要がある場合や、卒業後に就職が決まっていて、会社から入社前に運転免許を取得するよう指示されている場合などです。このような理由があれば、学校の許可しないという事は、まずありません。但し、こういったケースでも、学校生活の態度が悪い、過去に何度も校則破った事がある生徒は、免許を取らせるとトラブルを起こしかねないと判断され、許可してもらえない場合もあります。くれぐれも、こういう事態に陥らないため、普段から先生の信頼を得られるよう、生活態度には気をつけましょう。

© Copyright Graduated Driver License Program. All Rights Reserved.