高校3年生で免許を取得するメリット

たくさんある休みを有効活用できる

18歳以上であれば普通免許の取得は可能なので、高校3年生で免許を取ることも当然できます。では、高校生の時点で免許を取得するメリットにはどういったものが挙げられるでしょうか。
まず、長期の休みがあり、それを有効活用できるという点です。たとえば、夏休みは一ヶ月以上あり、宿題をこなすことを考えても二週間程度で免許の取得が可能な合宿免許を利用することでなんとかなりますし、高3の三学期は授業日が少なく、ものすごく長い春休みといっても過言ではないため、その間に通って取ることもできます。
大学生になってから取ろうとすると、最終的に免許を手にできるのが夏ぐらいになってもおかしくありませんし、就職して取ろうとすると時間を作るのが大変です。

勤め始めたときに与えられる業務の幅が広くなる

高校卒業後、免許を持った状態で働けるのも大きなメリットでしょう。普通免許を持っていれば担当できる業務の幅が広がっていろいろな仕事を与えられ、職場に馴染みやすくなりますし、同期よりも多少もらえる給料が多くなるかもしれません。また、親に買ってもらうのではなく、自分で車を買うのであれば、そのモチベーションを持って仕事に取り組めるのもメリットです。
いろいろと理由があって、高校卒業後はアルバイトとして働くというのであれば、職を探すのに普通免許があると都合がいいです。憧れている業界がある場合、営業やドライバーとしてのアルバイトとしてかかわれるかもしれず、コネを作っておけば最終的に正社員として登用される可能性も出てきます。

© Copyright Graduated Driver License Program. All Rights Reserved.