高校卒業後に免許を取得するメリット

車の運転免許は国家資格

最近、若者の車離れが進んでいるといわれています。確かに、都心部では車を持たなくても移動に困りません。そのため、車の免許を取得する必要性を感じないのかもしれませんね。しかし、車の免許は運転する以外にも取得するメリットが大きいものです。
役所などの手続きや各種の契約書などで、身分証明書の提示を求められますよね。車の免許証は、マイナンバーカードや保険証などと同じように社会的に身分を証明するものとして有効です。免許証は社会的に通用する証明書ということになります。
また、運転免許証はれっきとした国家資格です。免許を取得していると就職に有利になるといわれていますが、実際は営業職など職種にもよります。しかし、履歴書へ保有する資格として明記することができます。

高校卒業後に免許を取得するメリット

運転免許は法律で取得できる年齢が定められています。原付やバイクの免許は16歳、普通免許は18歳以上で取得することが可能です。免許を取得するには、教習所に通って知識や技術を学んでから試験を受けることが一般的で、取得するまでに時間がかかるものです。最近では、合宿型の教習で2~3週間で取得できるケースもありますよね。社会人になってから車が必要になり、免許を取得しようと思っても、まとまった休みがとりにくいものです。合宿型であっても通学であっても、免許を取得する時間をとりやすいのが高校卒業時です。年齢が高くなるにつれ運動神経や反射神経が衰えてしまい、運転に対する感覚をつかむのが難しくなります。車の免許があれば、旅行や休日のドライブなど暮らしの幅が広がります。
高校卒業時に免許を取得する際は、18歳になっていないと試験を受けられないため誕生日が遅い人は免許取得までのスケジュールに気をつけてくださいね。

© Copyright Graduated Driver License Program. All Rights Reserved.